お金でもなく、自分が心の底から納得する、わくわくするものをつくっていたい!

それが「原点」だった。

本当はそういう気持ちでやりたかった。

そういう気持ちが分かる仲間と。

でも、現実はそう甘いもんじゃなく、社員が多くなり、

それなりに有名になり、僕はクリエーターではなく経営者の顔が大きくなっていった。

そうすると、名声やお金の代わりに、いろんなものが奪われていった。

その最たるものが「時間」だった。

皮肉なことに、MOMOという社名のビジョン「時間泥棒から時間を取り戻す」どころではなくなっていた。

創業の志。

創業の意味。

それが失われていった。

ああ、でも、本当はそれが「原点」だったことを、改めて思い知らされるドラマがある。

「俺は自分がいいと思うものをただつくっていたいだけなんだよ」

これは主人公の貫井さんのセリフだ。

皮肉にも、このドラマのオンエアは倒産の年だった。

資金繰りに七転八倒していたその頃の僕は、リアルタイムにこのドラマを見られるわけもなく、

実際に再放送を見たのはずっと後になってからだ。

昨日、妻とまたこれを見た。

DVDを買って、もう何度も見ているが、その他に何度も心が震える。

これなんだよな。

これが創業の原点だったんだよな。

そう思い、また奮い立つ。

今はたった二人だけの事務所だが、人数ではない。

やっと今、このドラマのような仕事ができるようになった。

この原点を見失わぬように、今日も駆ける!

わくわくする仕事に向かって頑張るぜ!

時々「原点」を確認するための僕らにとってのバイブル。

そのドラマの名前は『恋のチカラ』といいます。